炊飯器のスイッチを入れ忘れてテンション↓

こんにちわ、みおです。

パートの仕事が終わって、買い物をして急いで帰って、台所に立つ。いつものように真っ先にお米を洗って炊飯器にセット、その間に野菜を切って鍋を火にかけ、今日はバッチリ、手際よくご飯の支度ができたぞ、と思い、ご飯をよそおうと炊飯器の蓋を開けたら…。
なんと、中は米と水。
えーっ、なんでー?と思ってよく見たら炊飯器のスイッチが入っていませんでした(笑)

他のおかずは揃っているのに、主食のごはんがない!今日のメニューは親子丼。ごはんがないと始まらない。今から炊いても時間がかかるし、こういう時に限ってパックのご飯を切らしてる。
お腹を空かせた子供はブーブーなんかジェスチャーで文句を言っています(笑)

結局、ご飯が炊けるまで待てないので、食パンに親子丼の具を乗せて食べました。なんだかがっかり。
せっかく今日は手際よくうまくできたと思ったのに。気持ちがしおしおと萎えていきました。主婦の仕事っていつもタイムリミットを抱えて走ってるような気がします。

やってもやってもエンドレス。何か一つ抜けてしまうと全部台無しになってしまうようなところがあって、完璧なんて程遠い。

あーあ、いつか雑誌のお手本にあるような素敵な生活ができるのかなあ。今日は随分遠ざかってしまったような気がしました。